WORKS

特殊加工(インパクト工場)

シェービング加工

高低差があるウレタンのヒゲ型をジーンズの下に敷き、サンドペーパーやホイールサンダーでこすることで、 デニム生地の芯白の部分を露出させ長年はいたようなはきシワを再現する加工。強さや回数でヒゲの出かたが変わり、 同じ強さで職人は一日何百枚も仕上げる。

ブラスト加工

ホース状の工具で高速で砂やアルミの粉などの研磨剤を噴出させデニム生地の表面を削る加工。 生地の目を拾いやすいシェービング加工と比べ生地の目まで飛礫が入るため、 よりコントラストがでやすくステッチ切れも起こりにくい。

クラッシュ加工

円盤型の工具ディスクグラインダーで、 藍の糸の縦糸と白い横糸で構成されるデニム生地の縦糸だけを削り表情を作る加工。 ジャブ(軽くももけさせる)、横糸残し、大穴、ライン、縦糸残し、下糸出しなど多数テクニックがある。

ダメージ加工

ポケット口などのジーンズの端部分を リュータという工具で削りほつれ表現する加工。

ピン打ち加工

ソックスを止めるような用途に使われるバノックと言われるものでジーンズの部分部分を固定し、 洗いとセットで折りシワやヒゲとつなげて表情にアクセントをつける加工。 固定する角度、深さで表情が変わる奥深い加工。

レーザー照射加工

いただいたJPEGなどのデータでも、美東が保有するデータおよそ1万点以上から選んでもらっても大丈夫です。詳しくはお問い合わせください。

洗い・染色加工 (ブルーメイト事業部)

ストーンウォッシュ加工

軽石と製品を一緒にワッシャーに入れ中古感を表現する加工。 軽石は大きなものだけで回したり、小粒の軽石だけ集めて回したりで表情が変化する。 次亜塩素と軽石のみで加工するケミカルウオッシュや軽石以外にも人工軽石、 ボール、粉状のパーライトなどがあり加工感が変化する。

バイオウォッシュ

酵素と製品を一緒にいれ生地の毛羽立ちを処理しながら中古感を出す。 ストーンウオッシュと比較して弱めの中古感で軽石を同時にいれてより ハードな表情を出すストーンバイオもある。バイオ後には、 基本的にはバイオ菌を処理するため70℃ほどのバイオ用ソーピングとセットで加工する。

ブリーチ加工

次亜塩素を使い生地の色目を退色させて鮮やかなインディゴブルーを表現する加工。 よりアタリ感を出す還元ブリーチなどいろいろな種類があり、温度も異なる。

こだわりを形にする縫製

平ミシン、オビツケ、ユニオンスソ、電子カンドメ、ボタンホール、ピンポイントミシン、チドリステッチミシンなど様々なミシンを20台以上置き、オール日本人の感性ある若手の職人が日本ブランドの中でもトップクラスのブランドを縫製しています。綺麗な縫製はもちろん、細かいところまでクライアントのこだわりを形にする技術があります。

プレス・仕上げ

二台の検針器、パレス、多数の平台の設備で長く携わるベテラン中心に製品の最終仕上げをしています。 糸摘み、検品などの検査はもちろん、袋入れ、下げ札付け、チャンドラミシンなど製品により付加価値を付けるお手伝いをします。